世界の終わり

世界の終わり

Read Article

生まれ変わり実例!輪廻天生前の前世はあるのか?

祖母がまだ幼い頃、近所の床屋に生まれ変わりの証拠を持った子供が生まれ、大変な話題になったそうです。

人が生まれ変わる事なんて本当にあるのか?

その疑問にお答えするために、祖母から聞いた実例をそのままお伝えしていきます。

 

その前に、忘却のスープってご存知ですか?
忘却のスープとは、今世の記憶を(顕在意識から)消すスープです。

もう少し詳しくお伝えすると、
今世が終わり、あの世に行くときに三途の川を渡ることになりす。
※この時アカシックレコードと言って、今世の記録をすべて見せられるそうです。

Sponsored Links

で、あの世にいるときは今世のことを覚えているんですね。

そして来世としてまたこの世に生を受ける時に、三途の川におばあさんがいて、そのおばあさんの所に列ができています。

この列はこの世に行く人たちの列です。

 

三途の川のその列に並んで自分の番になると、おばあさんがスープをいっぱい飲ませてくれます。
と言うか、飲まなければいけない決まりになっているのです。

そしてそのスープを飲むと今世の記憶が消えて、この世に生を受けることになるのです。

 

信じても信じなくてもいいですよ。
ただ、前世の記憶がある人たちの文献を読むとほぼそのような内容になっています。

 

なぜ前世の記憶がある人と無い人がいるのか?

それは、この忘却のスープを飲まずに今世に降りてきてしまったからです。
記憶を消したくなくて、逃げて三途の川を渡る人もいるようです。

 

こちらの映画予告編をご覧ください。
その後少し補足します。

そのような人たち(前世の記憶)が中国のある村に集団で生を受けているのをご存知ですか?

この村、生まれ変わりの村と言います。
不思議ですね。

 

さて、動画の補足はこの辺にして、僕は今から祖母から聞いた生まれ変わりの実例をそのままを伝えします。
信じるか信じ無いか、読んでからご判断ください。

生まれ変わり実例と輪廻天生

祖母の話はこうです。

 

祖母がまだ幼い頃、近所に床屋を営むとても仲の良い夫婦がいました。327c2d5380f4d3171f3c61f23bdb00b2_s

二人はずっと子供を欲しがっていたのですが、なかなか出来ないまま結婚して10年以上経っていたそうです。

 

子供が欲しくて欲しくて、でも中々妊娠しない体質なのか、時は過ぎていきました。

そして「もう子供は無理かもしれない。」と諦めかけた頃、待望の赤ちゃんを授かったのです。

 

夫婦は大変喜びました。

それはそうですよね。
欲しくて欲しくてたまらなかった我が子です。

嬉しいに決まっています。

 

出産を楽しみにしながらお客さんの髪をチョキチョキしているご主人の顔が目に浮かびますね。d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s
奥さんも、次第に大きくなっていくお腹を抱えて幸せいっぱいだった事でしょう。

大きくなったお腹でお店のご主人の所に行けば、お客さんに「楽しみだね〜!」なんて声をかけられる姿が目に浮かびますね♪

 

その後無事に出産を終え、生まれてきた赤ちゃんは、それはもう大層可愛がられたそうです。

10年以上待ちに待った待望の赤ちゃん。
ご両親はまさに溺愛していたそうですよ。

 

ただこの子、体が弱かったようです。

ご両親は一生懸命面倒を見て、精一杯育てました。

 

残念な事です。
大事に大事に育ててきた可愛い我が子が、たった2歳でこの世を去ってしまうとは。

ご両親は悲しくて悲しくて、お子さん遺体を火葬する時、ある事をしたのです。

生まれ変わり実例の前世は?

悲しみに暮れたご両親、お子さんが火葬される時、「またこの家に生まれて。」と言う意味とその時の目印の意味を込めて
右足の裏に、墨で【一】と言う文字を書いたのです。

参列者の仲にはいぶかしがった人もいたかもしれませんね。

 

でも右足の裏で書いたのです。
墨で【一】と。

どれだけそのこの事を愛していたのか、この事からも伝わってきますね。
ずっと面倒を見て、近くで大きくなっていく姿を見ていたかったんですよね。

 

・・・それから数年後、子供を諦めていた二人の間に再び子供が出来たのです。

もちろんこの意外な幸運に二人は大喜び!
無事に出産の日を迎え可愛い赤ちゃんが誕生しました。

生まれ変わり実例はあるのか?

生まれてきた可愛い可愛い我が子を抱いて、
手の指は5本あるか?足の指もしっかり5本あるか?と確かめていくと・・・。

 

右足の裏に何か書いてあります。

 

なにが書かれていたのか?
お分かりですね?

19b28e92f357bc3ed27c9284f86cdda8_s

そう、【一】の文字がしっかりと書かれていたのです。

亡くなった長男を火葬する時に書いたあの【一】です。

 

生まれてきた子供のまさに右足の裏にあの時の【一】が書かれていた。

この事は多くの人々が知る事となったそうです。

Sponsored Links

祖母は熊本のつうじんきょう(通潤橋)のすぐ近くに住んでいたと言うので、もしかしたらそんな噂話が今でも残っているかもしれませんね。

ご存知の方がいたら詳しく教えて下さい。

 

この話を読んでお感じになったか、コメント頂けたら嬉しいです。

Sponsored Links
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。
    生まれ変わり信じます。
    とても良いお話で胸が締め付けられました。
    いま、私は生まれ変わりをテーマに本を執筆しています。
    ただ、知識と真実との狭間に困惑していました。
    幼いころに聞いたおばあさんのお話を憶えていると言う事は、それほど記憶に強く残ったということですね!
    執筆に前向きになれました。
    ありがとうございました。

    • 生まれ変わりは間違いなくあると僕は思ってますよ^^

      神様の目線で見ると輪廻転生が常識になると、まだ困るので常識にまではしませんね。
      戦国時代に本願寺が強かったのはみなさん極楽浄土を信じていたからですし、死んでも生まれ変わるとわかってると戦争に使われるんですよね。

      なので地球上から争いがなくなるまでは輪廻転生が一般論として定着する事は神様がさせないんじゃないかな?と僕は思ってます。

      気づいてる方は意外と多くいますけどね^^

  2. あるのを信じる。が、やはり死のあの嫌な感覚や死の怖さは無と言う感情がでる。まー狭心症で心臓がとまるたびそう思う。はかなきかな、はかなきかな人生とは。

    • 死後の世界は恐怖でないと、今のところは。
      みんな嫌なことがあったら死んじゃいますからね。

      そうならないように嫌な感覚は必要ですね^^

      何か疑問があったらまたコメントください。

  3. 信じます。私には2ヶ月前に生後2ヶ月の娘がいました。先天性の病気でお空に逝きました。私は娘の生まれ変わりを信じています。棺には娘に宛てた手紙を持たせました。右手にしっかりと握らせました。
    早くママの所にまた帰ってきてね。
    と。
    娘は帰ってきます。必ず。

    • 天使ママさんこんにちは。
      生まれ変わりはありますので、お子さんはきっと天使ママさんの元に帰ってこられるはずですよ。

      輪廻天性はキリストさんとかも認めていた事です。

    • 天使ママさんへ

  4. 不思議ちゃんによる天然説

    はじめまして、私も、タラレバ話は、気になるというか、あると思います。
    私自身が、生まれる前からの記憶を持っていました。
    自分なりにも、家系図を調べてみたところ。
    世界は広いが、日本は狭いという、未知なる世界につながっていきました。
    戦死者を、弔うことは、大事なことだと思うのです。おかげで輪廻転生があるのだから。
    また、各自の理念や、生きていくうえでの方針。いろいろあるし。
    たとえがおかしいかもしれないけど、
    男は最初の女を欲しがり、女は最後の男を欲しがる。そんな言葉もありますよね。
    でも、今の世の中、どちらかというと女性が優位な世界な気もします。
    働く女性も多いし、私自身も、一社会人として、障害者ではありますが働いてます。
    だけど、昔からいい伝わることは大事にしたいと思っています。

    • はじめまして不思議ちゃんさん^^
      全体の人間性が向上していくと支配型の縦社会から協力、同胞的な横社会へシフトしていきますよね。
      なので女性が優位のように見えますが、
      これって素敵なことですよね^^

  5. スープの話は中国の人のしか聞いたことがありません。アメリカやイギリスの死後や生まれ変わりの研究文献にはありません。何故でしょうか。

    • なぜでしょうね。基本キリスト教では現在輪廻転生を否定してますから、研究してその事例があっても表に出せないのかもしれませんね。
      ちなみに、イエスキリストが輪廻転生を否定したわけではないようですよ。

  6. 初めまして。
    私自身は前世の記憶はありませんが、子供の頃に頻繁にデジャ・ヴを体験していました。母方の祖母が旅行好きで色々な場所に連れて行ってくれたんです。
    出身は横浜ですが、5歳の時に祖母に大阪に旅行に連れて行ってもらい、その時に無性な懐かしさを感じて、ここに来た事があると確信がありました。その後にも他の土地で同じような体験を何度かしました。成長するにつれその感覚も消えていきましたが。
    大人になってからは、亡くなった方の霊が(主に家族)見えるようになりました。こちらから見ようと探すのではなく、いつもあちらから訪ねて来てくれます。

    • 初めましてCocoさん。
      霊能力がおありなんですね。

      大阪のあたりゆかりのある方を前世でされていたんですよね、きっと。

      前にコメントくださった方は、大化の改新で犠牲になった有馬皇子の婚約者の方でした。

      Cocoさんの話も色々聞いてみたいです。
      色々コメントください^^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

管理人Shinのプロフィール

やりたいことが見つからず自分から逃げ続けた僕。

    でも、ある方法を知ることによって人生の流れが一気に右肩上がりになりました。 たった一つの事を実践しただけで、です。

    例えば恋愛で悩むことが無くなりました。

    仕事の成果もグングン上がりました。

    日常のストレスも激減!

    ちょっとしたことで人生は見違えるように良くなります。

    詳しくは僕のプロフィールをご覧ください。

    shinのプロフィール

Return Top