世界の終わり

世界の終わり

Read Article

人類の起源はたった1人のアフリカ人女性だった?

先日科学誌を読んでいると「人類の起源をたどっていくと、たった一人のアフリカ人女性に行き着く。」と言う興味深い記事に出会いました。

つまり人類皆兄弟と言うことですね。

 

色々と資料を読んでみると、どうやらミトコンドリアDNAを辿っていくと、その女性に行き着くようです。

彼女の名は科学会ではミトコンドリアイブと呼ばれています。

 

ちなみに、人類の起源は韓国にあるという学者がいますが、ちょっとその辺はあまりにも飛躍しすぎている印象があるので今回は脇に置いておくことにします。

韓国は元々アフリカ大陸にあり、300万年前に中国まで移動してきたと言う説のことです。

 

僕たち人類はホモサピエンスと学名がつけれていますが、そのホモ属がアフリカで誕生したのは400万年前。

そこから100万年とか300万年とかでアフリカ〜現在の韓国の位置までの移動ってほぼ考えられないので・・。

 

今回は

  • 人類の起源はミトコンドリアイブだけじゃない?
  • 人類の起源がアフリカである他の証拠

をお伝えします。

 

それでは早速みていきましょう。

Sponsored Links

人類の起源はミトコンドリアイブだけじゃない?

ミトコンドリアイブが本当にいたのかどうか?
答えはYESです。

何故なら、僕たちが実際に存在している以上、その祖先は必ずいると言えるからです。

ここは異論がないかと思います。

 

では僕たちのご先祖さまをたどって言ったら、ミトコンドリアイブに必ずに行きつくのか?

これも半分YESです。

 

半分というのは、ご先祖さまのどこかの時点で、ミトコンドリアイブを祖先にしない男性がいるからなんですが・・ちょっとわかりにくいですね(^^;;

説明させてください。

 

そもそもミトコンドリアイブの名前の由来は、ミトコンドリアDNAからきているのですが、
ミトコンドリアDNAは母親から子供に受け継がれるんですね。

父親から子供に受け継がれることはありません。

 

なのであなたのミトコンドリアDNAはあなたのお母さんから、
お母さんはおばあちゃんかあら、おばあちゃんは曾おばあちゃんから受け継がれています。

ではあなたのお父さんのミトコンドリアDNAは?と言うと、お父さんお母さんから。
お父さんのお母さんは・・・もう説明しなくていいですね。f307bfe5caf004c576dcd21adae83ab3_l

 

これ以上お母さんとかお父さんとかおばあちゃんの・・とか言うとこんがらがるので、この辺にしますが、

つまり、ミトコンドリアDNAは女性から子供に受け継がれると言うことだけおさえて多いてください。

 

それを辿ったらミトコンドリアイブに全員が行き着くと言う話です。

 

でも、ミトコンドリアイブの DNAをもたない人も大昔にはいたんです。

その中の男性がミトコンドリアイブの子孫との子供を授かれば、ミトコンドリアイブのミトコンドリアDNAが受け継がれることになりますよね?

で、今はミトコンドリアイブのミトコンドリアDNAをみんなもってると。

 

では「ミトコンドリアイブ以外のミドコンドリアDNAはどこいった?」と不思議です。

これは次のように説明されています。

______________________

男性しか生まれなかった場合、必然的にその男性がもっているミトコンドリアDNAは継承されない。

_______________________

 

確かにその通り。

つまり僕たちの祖先はミトコンドリアイブに行き着くけど、彼女と同時代に生きた他の女性であるかもしれないということです。
父方を見てみれば。

 

もう一つ疑問が・・・。

そもそも、男性しか生まれないとかありえるの?

 

ニホンザルとか見てても、メスもいればオスもいる。
一定数の個体が群れてるわけで・・・。

オスしか生まれない群れってちょっと考え難いと思いませんか?

 

つまり、さっきの説明
______________________

男性しか生まれなかった場合、必然的にその男性がもっているミトコンドリアDNAは継承されない。

_______________________
は、その通りなんですが現実味がない。

 

納得いかない僕はミトコンドリアについて調べてみました。

するとこれじゃないか?と言う仮説が湧いたのでシェアさせてください。
そして出来れば僕の考えに対するご意見をお聞かせください。

 

ここでミトコンドリアの働きで注目したいのは、僕たちのエネルギーを生産すると言うところ。
つまり、僕たちが体温を一定に保っていられるのは、ミトコンドリアあってのものなんですね。

逆に言うと、ミトコンドリアなしでは体温を一定に保てない。
変温動物の仲間入りです。

これでは極寒の寒さを乗り越えられません。

 

今の人類が誕生して400万年。
アフリカで誕生したのはほぼ確定です。

でも極寒の寒さを耐えなければならないシチュエーションが2つあったのです。

何かわかりますか?

 

それは

  1. 氷河期
  2. 山脈越え

の2つです。

それぞれ見ていきましょう。

Sponsored Links

氷河期にミトコンドリアイブ以外の子孫は全滅した?

氷河期は4〜10万年周期で起きています。
400万年前からだと何十回もあったわけですね。

で、その時変温動物は耐えられるか?

 

無理です。
さらに進化するか、もしくは全滅するしかありません。

僕はミトコンドリアイブのミトコンドリアDNAはエネルギー生産と言う側面でみれば、相当優秀だったのではないかと思います。

でも、他の人のミトコンドリアDNAはそうでもなかった。
だから彼女の子孫だけが生き残り今に至るのではないでしょうか?

 

さらにもう一つ。

山脈越えに関してです。

山脈越えで生き残れたのはイブの子孫だけ?

山脈越えってなんのこと?と思われるかもしれませんが、もう少しお付き合いください。

人類がアフリカで誕生。
今人類は世界中にいます。

 

もちろんオーストラリアのように大陸が移動したからアフリカから離れた人たちもいますが、多くは
アフリカ大陸〜ヨーロッパ〜中東〜アジア〜アラスカ〜アメリカ大陸〜と移動していったわけです。
3e0b012344cf2f01cc350edd315fcb81_s
アンデス山脈を越える時とか超寒かったと思います。

 

そこで生き残れたのはやっぱりエネルギー生産の優秀なミトコンドリアイブの子孫だけだったのかもしれません。

 

それから忘れちゃいけないのは疫病です。

疫病・・絶対何ども流行ってると思います。
例えばペストが流行った時も、何万人と亡くなってく中で抗体を作って生き残った人たちがいます。

同じように治療を受けたのに。

 

彼らのからだが頑丈だったから無事だったのでしょうか?
多分そうでしょう。

頑丈だったんです。
強かったんです。

病気に対して。

 

その差がどこから生まれるのか?

様々な要素があると思いますが、疫病のウイルスと闘うのは白血球。

白血球がうまく働けるようにするには、ブドウ糖などが必要です。
ではブドウ糖ってどうやって作られるか?

 

肺から取り込んだ酸素をミトコンドリアが分解するからです。
(その時熱が出るんで、体温を一定に保てているんですね。)

 

また出てきましたミトコンドリア。

つまり、ミトコンドリアに優劣があったとするなら、優秀なミトコンドリアを持っていた方が疫病が流行った時にも生存確率が上がる。
そしてその時出来た抗体は子孫に受け継がれていくわけなので、いつまでも繁栄やすい。

 

言ってる意味伝わってますかね?(^^;;

こちらの動画を参考にされてみてください。

上記の理由で、かつて何度も流行った様々な疫病を生き抜く力が強かった人が繁栄出来た。

その人達は、ミトコンドリアイブのミトコンドリアDNAを持つ人たちだったのではないでしょうか?

 

長くなりすぎましたのでちょっとここのところまとめます。

ミトコンドリアイブの子孫だけが繁栄した理由です。

2つですね。

  • 寒さに強い
  • 病気に強い

です。

 

ちなみに、人類の起源はアフリカである証拠は他にもあります。

人類の起源がアフリカである他の証拠

エチオピア(アフリカ東部)で発見されたルーシーという名のアウストラロピテクスをご存知ですか?

類人猿とホモ属の中間くらいの骨格をしてます。

 

この事からも人類はアフリカで生まれた事がわかりますね。

ルーシー以外にも多くのアウストラロピテクス(初期段階の人類)の骨の化石がアフリカから発見されています。

 

さて、今回は人類の起源についてお伝えしきてきましたが、参考になりましたでしょうか?

ポイントは

ミトコンドリアDNAを辿っていくとアフリカの1人の女性に行き着く
ただ、彼女だけが始めの人類ではないかもしれない事

アフリカから初期人類の骨が発見されている

2つでした。

 

僕もあなたも優秀なミトコンドリアをもつ兄弟なんですね。
この記事、面白かったですか?^^

 

こんなに語るつもりはなく書き始めたのですが、やけに長くなってしまいました。

それでも読者の皆さんがコメントをくださったり、喜んでくださるので僕も楽しく書かせていただいてます。

こういう話をみんなで出来たら嬉しいですね^^

【こちらの記事おすすめです。】

Sponsored Links
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 大変興味深いと思いコメントさせていただきました。ミトコンドリアイブはどのように誰から誕生したのでしょうか?ある日突然ミトコンドリアイブが誕生したのでしょうか?それともルーツを辿れば微生物から誕生したのでしょうか?ではその微生物は何からどのようにして誕生したのでしょうか?彗星に付いていた微生物が地球に落下したなどと言われていますが、ではその彗星はどのように誕生したのか?その微生物はどうやって誕生したのか?ビッグバンにとり誕生したと言われますが、ビッグバンなんてどうやって起きたのでしょうか?元々なにもなかったところでなぜビッグバンが起きたのでしょうか?そもそも物体はどのように誕生したのでしょうか。謎は尽きませんね笑

    • リョパンさんおはようございます。そもそもどこから始まったか?ですよね。
      謎すぎますよね。
      神様がいるとしか思えません。
       
      宇宙科学や量子物理学ではある程度の予測があるようですが、それが当たっているのかどうかは科学者の皆さんたちの間でも謎のようですよ。

      ロマンですねぇ。

  2. 夏休みの自由研究で、人類の進化について調べていて
    ミトコンドリア イブについて知りました。
    ミトコンドリアイブの子孫のみが生き残れた説を読んで
    凄くわかりやすく書いて下さっていたので、ミトコンドリアイブから
    人類が始まるなんて変だなと思っていたのが、スッキリしました。
    ありがとうございました。

    • はじめましてタイキさん。
      夏休みの自由研究でミトコンドリアイブとは・・博学ですね〜。

      お役に立てたようで良かったです^^

  3. ではブドウ糖ってどうやって作られるか?肺から取り込んだ酸素をミトコンドリアが分解するからです。
    (その時熱が出るんで、体温を一定に保てているんですね。)

    この文章に少し間違いがあります。
    ブドウ糖は消化器官内で消化酵素によって作られ吸収されます。細胞内ではブドウ糖(グルコース)が非ミトコンドリア由来の酵素によって分解されピルビン酸になります。そのピルビン酸をミトコンドリア内で分解して最終的に二酸化炭素と水にする時に熱が発生します。この反応では酸素が分解されているのではありません。
    また積極的な運動などのエネルギー消費が大きくなる時にはエネルギー源としてATPの他にクレアチンリン酸というATP同様に細胞内呼吸由来の貯蔵可能な物質が使われます。
    高ATP,クレアチンリン酸濃度下でもより多くのクレアチンリン酸が作れるというミトコンドリア能力差にも注目してみてもおもしろいかもしれません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

管理人Shinのプロフィール

やりたいことが見つからず自分から逃げ続けた僕。

    でも、ある方法を知ることによって人生の流れが一気に右肩上がりになりました。 たった一つの事を実践しただけで、です。

    例えば恋愛で悩むことが無くなりました。

    仕事の成果もグングン上がりました。

    日常のストレスも激減!

    ちょっとしたことで人生は見違えるように良くなります。

    詳しくは僕のプロフィールをご覧ください。

    shinのプロフィール

Return Top