世界の終わり

世界の終わり

Read Article

親愛なる読者の皆様へ

親愛なる読者の皆様へ

18年前の、一人の青年が、JRの就職試験を受けました。

彼は幼い頃から電車が好きで、物心つく前から、よく、おじいちゃんと一緒に家の近くの踏切で電車に向かって手を振っていました。

「僕、大人になったら電車の運転士になりたい!」

幼い頃に胸に抱いたその夢を実現するために、JRへの就職枠のある高校に進学しました。

高校での成績は申し分なく、テストはいつもトップ3位内、生徒会にも積極的に参加する優等生となっていきました。
性格も穏やかで、クラスの誰もが彼のことを慕っていました。

そんな彼は、先生からの信頼も厚くかったので、JRへ就職枠は自然な流れで彼の物となったのです。

ここまでくれば、内定は決まったようなものです。

そして、JRへの入社試験当日・・・・

いよいよ夢を叶える時が来ました。

「おじいちゃん、行ってくるね!僕は運転手になるよ!」

そう行って玄関を出ていった彼の胸は期待でいっぱいに膨らんでいました。

そして、入社試験会場につき、入社試験を終えるとると、確かな手応えを感じながら帰途についたのでした。

 

それから数週間後・・・

入社試験から数週間後、彼は進路指導員から呼び出されました。

これはJRから合否の連絡があったサインです。

(今日、JRから内定が出た!)
(夢がかなった!)

(おじいちゃんとの約束が果たせる!)

気を抜けば踊りだしそうな胸の高鳴りを押さえながら、
進路指導室に向かう足取りは今にも駆け出しそうです。

意気揚々とドアをノックし、進路指導員と机を挟んで向かい合い、次の言葉を待ちました。

やっと夢が叶う瞬間です。

(早くJRの合格結果を聞きたい!)

そして、次に進路指導員が口にした言葉は、永遠に彼の鼓膜に焼き付くことになったのでした。

「今回は、残念だった。」

(・・・・・)

「なっ・・・なんでですか?」

「・・・君、色弱だったんだよ。だから、しょうがないんだ。」

色弱だと信号の色がわからないから運転手にはなれない。
これは乗客の命を預かるJRとしては当然の判断です。

でも・・・

一体彼に何の責任があるというのでしょうか?

人の運命とは、一体何なのでしょう?

あなたも一度は「運命とはなにか?」について考えたことはありませんか?

それは、努力ではどうにもならない、あるいは、情熱ではどうにかなるものでもありません。
目には見えない、運の流れとも言うべきものです。

だからこそ読者の皆様には、『運の三大原則』を知ってほしいのです。
と言うのも、僕がお伝えする『運の三大原則』は、「運を良くする知識の提供」にほかならないからです。

運の三大原則とは?

太古の昔から語り継がれているように、運というものは、確実に存在します。

一般的には、子供の名付け、引越時期や方位、家の間取りを決める際には、運が良くなるように専門家に聞きますし、
あまり知られてはいませんが、大企業の社長や、政治家達も、今後の方針を決める際には、必ずと言っていいほど運の流れをみているのです。

この事実から見ても、まるで掴みどころのない運というものが、雲が確かにあるように存在していることは明らかでしょう。

『運の三大原則』では、運を良くするために重要な事に加え、運を悪くしない為の心構えが様々な事例を元に、分かりやすく解説されています。

 

また、「この人生を悔いなく生きるための生き方」もお伝えしています。

これら3つの大原則を知り、意識するだけで、例えば、

・運命の相手と出会う
・健康になる
・お店の売上が上がる
・恋人、夫婦仲が劇的に良くなる
・社内の人間関係が改善する
・収入が上がる
・臨時収入が入ってくる

など、運勢が良くなった事を実感する出来事が起き始めます。

もしもあなたが今まで、運の流れを意識していたのであれば、確実に運勢が良くなります。

まだ、運の流れについて意識したことがなければ、ほんの数日以内に運の流れが確実に良くなるでしょう。

運の三大原則を知る方法

すべての情報は無料で公開しています。
運の三大原則を手に入れても、手に入れなくても、あなたには何のリスクもありません。

下の入力フォームに今すぐ必要事項を入力してもらえれば、すぐに「運を良くする方法」が届きます。

その後、読者様に無理のないように、「運を悪くしない方法」、「この人生を悔いなく生きるための生き方」と順番に三大原則をお伝えしていきます。

たった一通読んで頂いただけでも、運が良くなる方法がわかりますが、
もちろん、『運の三大原則』があなたの期待にそえなければ、いつでもメール配信を中止することも可能です。

18年前、電車の運転手になれなかった青年の話には続きがあります。

その後の青年・・・

彼は入社試験に落ちた後、自分の人生を嘆きました。
彼の落胆ぶりは、誰の目にも明らかでした。

幼い頃からの夢が、色弱が原因で破れるとは・・・。

でも、決していつまでも自分の運命を嘆いていたりはしませんでした。

その後、運の流れを学び、自分の特性を知ることで才能を開花させ、
今ではアップルやamazonといった世界の一流IT企業からヘッドハンティングがくるほどの超エリートビジネスマンになっています。

彼は僕の同級生です。

運の三大原則でお伝えする

・運を良くする方法
・運を悪くしない方法
・悔いのない人生を生きる生き方

が彼を蘇らせたのです。

最後に

運の三大原則を学んだからと言って、すぐに奇跡が起きる事を保証することは出来ません。
ですが、この原則が、あなたの人生をより良い方向に導くことは保証いたします。

島津

『運の三大原則』は全て無料で手に入れることができます!
お名前  
メールアドレス

※必要事項を入力して「登録」ボタンを押してください。
あなたのプライバシーは厳守いたします。

Return Top