世界の終わり

世界の終わり

Read Article

親愛なる読者の皆様へ

親愛なる読者の皆様へ

はじめまして、島津です。

今から2年前、妻の妊娠中に・・・僕は無職になりました。
会社からの無茶な転勤命令に応じることが出来なかったのです。

ですが、会社をやめてから多くの人たちに助けられ、今の僕は、好きな時に好きな場所で出来る仕事をしてます。

 

今はまだ息子が小さいので、一緒に公園に行ったり、妻のサポートをしながら家で仕事をしたい時は家で仕事をしてます。

おやつを食べたい時には、近所のお気に入りのカフェで仕事したり、かなり自由なスタイルで楽しく生活しています。

 

旅行も好きなので、最近だと沖縄や香港に行ってきました。

ただ、一週間も遊んでいたら飽きてしまたので、そんな時にはちょこちょこ仕事したり。
そんな生活です。

 

こうやって聞くとちょっと謎な感じがするかもしれませんが、やっていることは「良いものを作っている人のお手伝い」です。
例えば、

  • 一人ひとりの体質に合わせた、アトピーを改善する方法
  • 何百年も守られ続けた、そこでしか作れない「あられ」の技術
  • 完全無農薬のミカンや、いちご等の農作物

など、良いものって沢山ありますよね。

でも、知られていないがために、廃業せざるを得なくなっている人も沢山います。

一度なくなったら取り返しのつかないものでさえ、どんどん失われているのが現代です。

だから、そういう人達のお手伝いをさせてもらっているのです。

なぜそんな事をしているのか?

なぜ良いものを作っている人の手伝いをしているのか?

なぜ良いものを作っている人の手伝いをしているのか?

それは、僕の夢は20年後の未来にあります。

まだ、1歳になったばかりの息子を見ていて、思うのです。

「この子の世代が大人になった20年後の世界を、より良い世界にしたい」と。

「本当に価値のあるモノ」が20年後にも残っていて、「誰もが自分の才能を発揮して活躍できる」世界。

『誰もが、本来の自分を生きられる世界』を作りたい。

だから、良いものを作っている人の手伝いをしています。

そして、世界の終わりを見に来てくれているあなたは僕と話があうはずですので、「仲間になって欲しい!」と思っているのです。

もし、僕のような生き方に興味があれば、こちらのメルマガを読んでみて下さい。

もちろん無料ですし、解除したくなったらいつでも出来ます。

お名前  
メールアドレス


Return Top