世界の終わり

世界の終わり

Read Article

世界を変えた南アフリカの黒人男性

今から50年以上前、

1962年8月の南アフリカで、弁護士をしていた一人の黒人男性が、本気で世界を変えようとしました。

後に大統領となる彼は自分たち黒人を侮辱し、屈辱を与える白人を憎みました。

そして、仲間たちと武装闘争組織を作り反抗の狼煙を上げたのです。

 

本気で世界を変えようとした男の悲劇

武装闘争組織を作り、白人に反抗した彼でしたが・・・逮捕され終身刑が確定してしまったのです。

一生、監獄の採石場で石を砕く毎日。

投獄された当初は先の見えない絶望と、自分たち黒人を侮辱する刑務官への怒りが溢れていました。

でも、次第に考えが変わっていったのです。

「彼らがなぜあのような仕打ちをするのか理解しよう」と。

 

すると、
全ての白人が、自分たち黒人を心底恨んでいるのではない事に気がついたのです。

同時に、怒りを抱くことは無意味だと悟りました。

「黒人対白人」から「黒人と白人の共存」へと、
憎しみに満ちた自分を越えて、白人との平和な共存を望むようになったのです。

 

自分を超えると、人は強くなれます。

そんな彼は、次第にアフリカ黒人解放の象徴となっていきました。

世界からは彼の自由を求める声が強まり、1990年2月、投獄から約28年後、ついに釈放される事になったのでした。

 

彼の名は、ネルソン・マンデラ。
釈放から4年後、南アフリカ大統領になりました。

釈放後、自分の復讐ではなく「南アフリカに住む白人と黒人のため」に奔走したマンデラ氏は、多くの成果を挙げていきました。

 

「黒人も白人も胸を張って歩ける、人間の尊重が守られる社会を築こう。我々が目指すのは“平和な虹の国”だ。」

 

「黒人が白人の差別による被害者であるのと同じく、白人もまた偏見という狭い世界に閉じ込められた被害者である。」

 

これらは彼が残した言葉です。

 

マンデラ氏は人のために行動したことで世界を良くした一人なのです。

自分を超えた先の理想があると、人は強くなれます。

そして、僕達の行動の一つ一つが、世界を豊かにしていくのだと僕は信じています。

 

葛藤しつづけた2年間、そして見つけた生きる意味

ただ、今はそう信じる僕ですが、会社員をしていた頃はエゴと大我の狭間で葛藤しつづけていました。

ビジネスのスキルを磨いて売上を上げる事だけ考えていたので、毎日深夜なるまで働いて、成果は出ていましたが・・・

心の充実感は得られず、それどころか、売上だけを求めて仕事をしている生活が嫌になっていったのです。

会社のサービスに対するクレームの電話も、頻繁にかかってきていました。

 

「自分は何のために働いているのか?」

「ただ売上を上げるだけの人生でいいのか?」

 

仕事をすればするほど、そんな迷いが、僕の中で渦巻いていきました。

そして、そんな迷いを抱え続けて2年たった頃、たまたまた目にしたある本の一文が、全ての答えを教えてくれたのです。

 

「人が真の喜びを感じるのは、人の役に立てた時だ」

 

そして僕は決めたのです。

「人の役に立てる人間になろう!」と。

 

それからは会社を辞め、今は「世の中を良くする人の手伝い」をしています。

例えば、

  • 壮絶な闘病を耐えぬき、骨肉腫を克服した経験を元にカウンセラーをしている女性
  • 「戦わない生き方」を提唱する武術の元世界チャンピオン
  • テレビや雑誌に頻繁にとりあげられる超人気和菓子店

など、

業種違えど、これまで僕が培ってきたインターネッを使った集客の技術を活かして、自分の才能を見出し、活かし「世の中を良くするため」に行動している人の集客の手伝いやプロデュースをしています。

こんな生き方をはじめてから、心からの充実感を感じるようになりました。

 

ちなみに、僕の仕事は、パソコン一台あればいつでもどこでも出来ます。

なので、香港に滞在していた時も、沖縄にいた時も、「仕事したい!」と思ったらその場でパソコンを開いて気が済むまで仕事したりしていました。

旅行していても仕事したくなるほど楽しいんです。

 

自分の本心に従い、「人の役に立つこと」を軸にして生きてみると、
会社員のときよりも収入は上がりましたが、それでいて働く時間は短くなりました。

なので、妻のサポートをしたり、まだ幼い息子と毎日のように公園で遊だりも出来ます。

 

たとえ28年間の投獄に耐えられるような精神力はなくても、
小さな一歩の積重ねが、全体の豊かさにつながっていくのだと思います。

 

だから僕は今、「人の役に立ちたい」という想いのある仲間を増やしています。

「世界を変える」のような大きな志ではなくてもいいのです。

「家族を幸せにしたい」
「まずは自分の生活を豊かにしたい」
「とにかく、人の役に立てる人間になりたい!」

まずは、こんな想いこそが大事なのだと思います。

 

ただ、だからといって、想いだけでは何も良くならないのもまた事実です。

「想い」と同時に、「行動」が重要ですし、行動するためには「知識」が必要です。

だからこそ、僕はこれまで知識を得るためだけで相当の投資をしてきました。

そのお陰で今があります。

 

もし、あなたに「人の役に立ちたい」と言う想いがあるのなら、
僕は喜んでその知識を無料で提供したいと思います。

既に1169名の仲間が集まっているこちらの講座で、ネット集客に必要な知識を吸収していってください。

今すぐ登録すれば、すぐに1通目が届きます。
それを読んで、必要ないと思えば、その場で登録解除して頂いて構いません。

 

さて、最後に、マンデラ氏の言葉をプレゼントします。

「教育とは、世界を変えるために用いることができる、最も強力な武器である。」

あなたに会える日を楽しみにしています!
それでは、講座でお会いしましょう!

お名前  
メールアドレス


Return Top