世界の終わり

世界の終わり

Read Article

人類滅亡のシナリオとは?原因はメタンガス?

温暖化が騒がれて久しい昨今ですが、
温暖化がなぜ起こり、そしてこのまま進むとどんなことが起きるのか?

 

結論から申し上げますが、地球上のほとんどの動植物が絶滅する事になるでしょう。

何故そんな事が言えるのか、
それは、今から2億5000〜3億年前に同じ事がこの地球で起きていたからです。

 

二酸化炭素が増え続ける事によって、
海底にあるメタンガスが溶け出します。

 

メタンガスは二酸化炭素の10倍以上の温室効果があるので、
更に地球温暖化が進む事になります。

Sponsored Links

するとさらに海底のメタンガスが溶ける。

すると・・・

 

3億年前には赤道付近で摂氏7〜8度の気温上昇

南極でも+25度にもなったということですから、
生態系が崩れるのは当たり前の話です。

 

この動画をご覧下さい。

この動画内で解説のあるように、この地球温暖化で地球上の動植物の、実に95%以上が絶滅したと言われています。

ただ救いなのは、3億年前の地球温暖化の原因は
地殻変動の末に悪条件が重なったからと言う事で現在の条件とは違う事です。

 

自然災害なので人間がどうする事も出来ませんが、
逆に言えば、そんな悪条件が偶然重なるのは私たちがいきている間には
ほぼあり得ないという事です。

 

地球が誕生して43億年、前回の大爆発が起きたのが3億年前なので、
地球が40歳の時の事です。

つまり、まだ3億年しか立っていない現代では
ほぼありえない。

自然災害的には・・・ですが。

Sponsored Links

ただ・・・人災的にはあり得るかもしれません。

現在地球温暖化が進んでいる事はご存知の通りです。

しかし40兆トンもの二酸化炭素が大気に放出される事などあり得るのか?
40兆トンもの二酸化炭素と言われても、もはやイメージがわきません。

ちなみに、2011年の世界の二酸化炭素排出量は一年で318トンです。

この中でもっとも排出量が多い中国が約86トン。
2位のアメリカは約54トン。
日本は5位で約292トンです。

 

もちろん植物が光合成をする際に二酸化炭素を吸収しますので、
これがそのまま残るわけではありません。

なので40兆トンもの二酸化炭素が一気に大気中に放出される事はまずないでしょう。

 

これを考えれば赤道が70度になる事などほとんど現実的ではない気がしてきます。

 

ですが・・私はそうは思いません。

空気中の二酸化炭素濃度や気温は着実に上がっているのです。

 

そして二酸化炭素を吸収するはずの植物はどんどん減ってきています。
それに加え、二酸化炭素排出量はどんどん増えています。

新興国と言われる国々の工業化が進めば今とは比べ物にならない量を排出する事になるでしょう。

 

つまり、少しずつ、しかし確実に、

温暖化は進む

進めばどこかのタイミングで海底にあるメタンガスが溶け出します。
実際に海水の温度が上がってきているのは周知の通りです。

 

メタンガスが溶け出す温度にまで海水温が上がれば・・

 

あとは3億年前のリプレイです。
悪循環が始まります。
2794001017_c486871b51
photo credit: 愛媛県今治市(朝倉)笠松山 火災2
via photopin (license)

このままでは時間の問題ではないでしょうか?

私たちに出来る事から、地球温暖化対策を始めていきたい所です。

 

動画解説でも詳しく解説しました!

過去にも忽然と消えた文明は数多くあるのです。

Sponsored Links
URL :
TRACKBACK URL :

皆さんからのコメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 温暖化に伴う灼熱の熱嵐で日本列島は滅びようとしてる。美しい瑞穂の国の自然は焼き尽くされ、大切な家族、老若男女の、女性と子供たちの生命が喪われようとしてる。海沿いの都市も町も島も巨大津波に襲われ、海進が深化し海に呑み尽くされる。世界は、人類は滅びる未曾有の有事が到来せんとしてる。中国共産党の覇権主義の南進政策は、熱帯が後数年で滅びる灼熱の嵐の猛威に晒され、総ての失う。多大な投資も軍隊の常駐も総て無駄。野望は中国の存立も含めて、今や風前の灯だ。

    本州以南の総ての公共事業は総て中止、停止する。あらゆる工事関連資材と重機、関連施設を北海道へ移転し移設する。生産力は低下を続け、電気は余っている。既に原発の存在は、日本列島を破滅させるだけの危険と化した。更に一基、原発が爆発したら第二の福島に耐えない日本は破綻する。総ての命と自然が消滅する瀬戸際にある。財政を圧迫し、電気代に諸経費を上乗せして国民生活を苦しめながら維持されてる電気事業。周辺の住民は危険と隣合わせに暮らしてる。総ての照明いをLED化すれば電気は心配無い。発電を原子力に依存する理由は不要。原発を廃炉にする事が必然。鉛とコンクリートの棺で厳重に封印する。即刻、原発を零とする。温暖化を阻止するため、石油や化石燃料を使わない経済に転換する。海に囲まれた火山列島である日本の特性を活用する。溶岩は水と反応するとカンラン岩が出来る。水素と電気パルスを発生させる。更に無尽蔵の鉄を生成する。鉄製品の輸出大国が立ち上がる。科学と知識を結集すれば文明が必要とする資源を実現出来る。新たな自然エネルギーを活用し日本経済は飛躍的に発展する。その暁に、二酸化炭素もメタンガスも、他の温室効果ガスも資源に転化出来る。根本的に地球温暖化を解決する日本が立ち上がる。放射能の毒を消し、無化する革命的な技術が世界と総力を挙げて結実する。

    環境庁は16日、21世紀末の平均気温が20世紀より5.4度上昇。熱中症で倒れる人が続出する状態が危惧される。日本人の滅亡が予見される。病院不足は進み、救急は間に合わない事態。火葬場も墓地も対応は不可能。熱風が吹き荒れる廃墟が燃え上がる日本列島の惨状が何処までも俯瞰される。気温が後2度上がれば、日本は滅ぶ。漁業と農業は、日照りで水不足により旱魃が拡大。温暖化が進めば、31年〜50年には、関東以北で熱中症で倒れる人が激増。2000年の2倍を超える見通し。日本人は全員死亡。米は、北日本で増産がやや期待されるが、関東以北では激減。野菜、果物や、養鶏、養豚、牛の飼育は飼料不足も重なり、大打撃を受ける見込み。全国の所有者が分からない土地は2016年で約410万ヘクタール。2040年には北海道の広さに相当する720万ヘクタールに及ぶ。至急、温暖化から国民を非難させる事が日本存続の最重要戦略。最適地は寒冷な北海道。北の大地へ自治体と日本人を移転し移住する事が政策の根幹を成す。

    その為に、北海道に水政策の展開が急がれる。豊かな自然に恵まれた北海道には、多くの野生動物が生息する。キタキツネが原因となる寄生虫病、エキノコックスに半世紀以上、道民は悩まされてきた。親虫は体長が3~4㎜でキツネやイヌの腸に寄生しネズミが媒介する。川の水を飲んだ人が、肝臓などに幼虫が寄生する事で発症する。感染してから症状が出るまでに数年から10数年もかかり、治療は手術が必要。北海道では豊かな水の徹底的な浄化と、上下水道のインフラが急務。今後、温暖化が進み海水温が上がり、陸地の侵食が進む。沖縄や九州は高温が常態となり、大規模な火災が山も町も焦土と化していく。壊滅的な危機が極めて短い年月のスパンで予見される。日本の住民を北海道の新ポートアイランドへ移住する。北の大地に愛和日本を創世する。

    海水面の上昇に備えて、スーパー堤防で北の大地、北海道を囲む。エネルギーは溶岩の工業活用で無尽蔵の水素と鉄の生産が可能となる。もう原発に頼る歪な電源事業は不要。東電は持てる原発を総て廃絶する事に従事する。自己資金で。これまで電気料金に上乗せして来た原発の膨大な経費、除染に要した費用を総て負担する。政府と都道府県知事会、市町村区長会、経済界は総ての公営事業も民間の建設も社会インフラも中止する。全国の工事資材と関連する機器を北海道へ移転、移動する。電車やバス、トラック等の車両と交通輸送手段を移動し移設する。沖縄から九州と四国、本州、島の自治体の移転、移設を推進する。商工業、病院、保育所、小学校、中学、高校、大学などを移転する事が緊急の課題だ。ヒートアイランド現象を乗り越え、日本を救済する未曾有の政策を実現する。女性も子供たちも男性も、障害者、痴呆の人、シニア、総ての人が幸せに安心して働き、暮らせる日本を創る。愛和日本を北海道に立ち上げる。これが未曾有の危機を迎える日本と日本人を救う唯一の可能な政策なのです。

    民進党、希望の党は支持率1パーセントで国民から不要とされた。統一会派構想は破産。党員の批判が高まり、執行部の求心力は失せた。立憲民主党は三党連携に否定的と見られる。地方からは、このままでは闘えないとの声が巻き起こってる。民進党の増子幹事長は、理念や政策などの課題を乗り越え、新しい党を創りたいと言う意向を示した。希望の党の玉木代表は、新党結成で行き詰まりを打開したい考え。昨年の衆院選で希望の党、小池小百合が民進党の議員の合流を拒否し排除した党派主義を非難して、民進党は希望の党とは連立出来ないと表明。愛和日本公明党は日本の亡国を憂う総ての政党の党員を受け入れる。希望の党、民進党の在り方を承認出来ない党員の入党を支持し、応援する。

    安倍政権の亡国の反動に反対する自民党の愛国の志を持てる政治家と党員。反米愛国の中道政党と右翼政党。救国の諸党派。思いを共有する国民の皆さん。反対するだけの日本共産党に疑問を持つ党員と支持者。闘いを失った労働党の在り方に納得しない党員と支持者。国民から拒否され自滅の道を低迷する「希望の党」と「民進党」を承認出来ない政治家と党員。意見の違いを超えて日本と国民を救済する目的で一致し、大同団結して愛和日本党に連合する事を提唱します。

    労働組合諸団体を真ん中にして新左翼連合を結成する。ライオンズクラブの皆さん。報道。新聞社。出版社。反原発運動。環境問題を闘う住民運動。沖縄の米軍基地と闘う団体。原水爆に反対する団体。婦人問題の解決を進める団体。海を守る漁業協同組合と運動。水俣病を闘う被害者の皆さん。大衆運動を闘う仲間たち。心ある総ての人は大同団結して新左翼連合に連なるのです。思想や考え方の違いを尊重し、話し合い、了承し、総力を挙げて救国運動を実現する。更に民族、国境を超えて、今こそ世界の人々と連帯して心を合わせ、反米の国際的な合同団結の連合を形成する。その暁に温暖化のヒートアイランド現象で死滅する世界と人類が救済出来る。日本と国民を救済出来るのです。

仲間からのコメントお待ちしています!

*
*
* (公開されません)

Return Top