世界の終わり

世界の終わり

Read Article

シュメール人の謎を大検証!日本との共通点がありすぎる!

シュメール人の大きすぎる目、異常すぎます。
はじめて見たときは驚きました。

シュメール文明の遺跡に残された彼らの彫刻などから見られる特徴です。

 

シュメール文明においては高度な天文学知識や合金技術など、信じられない様なことが沢山あります。

さて、そんなシュメール人の目が大きい理由について今回は詳しく書いていこうと思います。
心の準備は宜しいでしょうか?

シュメール文明の遺跡に残された粘土版を解読した結果導きだされた、ちょっと信じられない話ですよ?

 

でも、不思議な話が嫌いじゃないですよね?
では、不思議の世界に入ってみましょう。

シュメール人の謎!

シュメール文明の遺跡に残された数万点にも及ぶ粘土版。
コレについては前回の記事で触れましたね。

セガリア・シッチン博士が解読したのでした。

 

その粘土版にはシュメールの歴史についても記されていて、そこに、シュメール人の目が大きい秘密も記されていたのです。

 

と言うのも、セガリア・シッチン博士の解読によると、
シュメール人はアヌンナキという宇宙人によって作られた
と記されていたと言うのです。

シュメール人と謎の宇宙人

アヌンナキというのは、シュメール人に高度な知識や技術を与えた宇宙人です。
彼らは太陽を楕円形の軌道で周る二ビルという星で生活しています。

この辺りは前回の記事をご参照ください。

 

博士の解読によると、このアヌンナキは自分たちに似せてシュメール人を作ったそうです。

つまり、アヌンナキも目が大きいのですね。

 

目が大きい宇宙人、まるで近年目撃例の絶えない宇宙人グレイのようでは無いですか?

46372987_4c1059914d_nphoto credit: DSC_0017 via photopin (license)

アヌンナキ=グレイが確定したわけではありませんが、僕としてはこの線はあり得ると思います。
アヌンナキ=グレイに似せて作られた人間がシュメール人だと言う事です。

だから目が大きいのですね。

 

ちなみにシュメール人が日本人の起源だという説もありますがご存知でしょうか?

Sponsored Links

シュメール人は日本人なのか?

その根拠としているポイントは以下の3つです。

  1. シュメール文字と漢字の成り立ちが似ている
  2. シュメール語と日本語が似ている
  3. シュメールの神話と日本の神話が似ている

一つ一つ見ていきましょう。

シュメール文字と漢字の成り立ちが似ている?

このサイトでは、自分が信じられる事だけを肯定的にお伝えし、信じられない事は否定的にお伝えしています。

 

そこでこの漢字の話ですが・・、漢字は、今で言う中国が漢の時代に広まったものです。
つまり日本で出来た文字ではないんですよね。

日本は漢字を輸入しただけなので、漢字の成り立ちとシュメール文字の成り立ちが似ているのなら、
むしろシュメール人=中国人となるのが妥当かと思います。

 

ロマンを壊してしまっていたら済みません。
次いきましょう。

15620284767_3c7929acd4photo credit: Praying Sumerian man via photopin (license)

シュメール語と日本語が似ているは本当?

これについては、だれもシュメール語を聞いた事が無いので何とも言えないのではないか?
そう思っています。

 

文法的に言うなら日本語と似ている言葉は色々ありますよね。

中国語や韓国語は日本語と似てます。
なのでこれでシュメール人=日本人となるのは論理が飛躍し過ぎかなと思います。

では次です。

シュメールの神話と日本の神話が似ている

神話の話ですが、共通点が色々とある様です。

 

神様が着ていた服のデザインが同じとか。
アクセサリーが三種の神器に類似するとか。

 

ただ、僕としてはこれもどうかな?と思わざるを得ません。

というのも、どこの国もそうですが、権力を持った人は皆同じ様なゴージャスな格好をしている者です。

アクセサリーも色々と付けているので、その中に三種の神器と同じ様なものがあっても全然不思議ではないかな?と思います。

 

なので、日本人=シュメール人説は根拠が甘く、無いかなと思っています。

この記事はそこが主題ではないのでこの辺にします。

 

ちょっと話がそれましたが、シュメール人の目が大きい理由についてまとめておきましょう。

シュメール人の目については僕が直接解説動画で喋りましたので、下の動画のご覧ください^^

シュメール人の目が大きい理由〜まとめ〜

ここまで

  • シュメール人の目が大きい理由
  • シュメール人日本人の起源説

についてお伝えしてきました。

シュメール人の目が大きい理由は、シュメール人を作った宇宙人アヌンナキの目が大きかったから。

そしてシュメール人日本人起源説は無いでしょうという事でしたね。

 

個人の見解なので読者さんに別の意見がおありでしたらコメント頂ければ幸いです。

Sponsored Links

ただ、シュメール人の目が多きいい理由については、前回の記事でお伝えしたシュメール人の天文学知識がすごい事から、あながち無くもないのではないか?と思っています。

そのくらいシュメール人の天文学知識はすごいです。
是非ご参照ください。

追記2016/12/3

読者の日巫女さんから秀逸なご意見をいただきましたのでご紹介します。

シュメール人が日本人に直結、は飛躍しすぎかもしれませんが、ホツマツタエという古文書には古事記、日本書紀の書き換え以前の日本の物語が書かれていて、神話も神様の名前も、土地の名前も、シュメール語が多く残されている研究もされているようです。

イザナギ、イザナミもシュメール語起源、ヤマタノオロチ退治も同じ神話、などたくさんあるようです。

独断で「無い」とするのはいかがなものでしょう?
稲作と共に大陸経由で入ってきた可能性は十分あると思います。

ユダヤの文化も古代日本に入ってきているのですから、十分ありえるとは思いませんか?
シュメールは世界中の文化の元になっていると言われるほどですよね。

その辺の研究も面白いと思います。

日巫女さんすごですね。感心しました。
この記事を書いてから色々学ぶ機会があって、確かに日巫女さんがおっしゃっているのは正解だと思います。
と言うか、それは自然なことですよね。

いや、ぼくの認識不足ですみません。

 

読者の皆さんへ

色々ご意見いただくのですが、「これはすごい!」てコメントは記事内で紹介させていただきます。

まず、論理がないとダメですよ。(^_^;)
ただの否定は小学生でもできますから、日巫女さんのように論理ください。

それでは!

Sponsored Links
URL :
TRACKBACK URL :

皆さんからのコメント一覧

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. シュメール人が日本人に直結、は飛躍しすぎかもしれませんが、ホツマツタエという古文書には古事記、日本書紀の書き換え以前の日本の物語が書かれていて、神話も神様の名前も、土地の名前も、シュメール語が多く残されている研究もされているようです。
    イザナギ、イザナミもシュメール語起源、ヤマタノオロチ退治も同じ神話、などたくさんあるようです。
    独断で「無い」とするのはいかがなものでしょう?
    稲作と共に大陸経由で入ってきた可能性は十分あると思います。
    ユダヤの文化も古代日本に入ってきているのですから、
    十分ありえるとは思いませんか?
    シュメールは世界中の文化の元になっていると言われるほどですよね。
    その辺の研究も面白いと思います。

    • 日巫女さんすごですね。感心しました。
      この記事を書いてから色々学ぶ機会があって、確かに日巫女さんがおっしゃっているのは正解だと思います。
      と言うか、それは自然なことですよね。

      いや、ぼくの認識不足ですみません。

      記事の中でコメント紹介させていただきます。^^

  2. アン・メ・ルガル

    アヌンナキは、この宇宙創造主=神の下、シリウス星人グループやプレアデス星人グループと共に、創造主=神の意志を実現する為に活動しています。
    それらは皆、四次元以上の存在であり、
    その物質を纏った姿は、高貴な蛇帝国は上半身青い肌の人体で下半身は二つに分かれた蛇である美男美女や、
    また異なる種族は鳥のような翼を持ち、或いは太陽のように眩しく光り輝いています。
    アヌンナキの王族もそれらの王族の姫との間に生まれたものである以上は、
    そういった様々な姿の属性を受け継いでいますが、これらの四次元以上の存在達は、
    様々な姿に変身する事ができ、又、強力な治癒・蘇生やら強大な念動力やらと、様々な魔法の力を持つのが常です。
    が、一般にアヌンナキとは、青緑の肌の色をした人間タイプの巨人の上級神と、爬虫類系の巨人達の下級神達の姿としてイメージして置いても良いでしょう。
    彼らは創造主=神の天使たちであり、彼らの乗る宇宙船の天使そのものに白く輝く翼を広げて宇宙の正義を守る姿は、SOHO動画で確認できる事でしょう。

    アヌンナキは、彼らのニビル星は、現在、どんどん近付いています。
    地球との接近に伴って、ニビル星の影響による地球人類滅亡が見込まれ、
    その際に地球人類を救うか見捨てるか決める、
    「地球と太陽系の未来を決める偉大なるアヌンナキの神々の評議会」は今年開催され、
    地球人類の滅亡が決定しました。

    その決定は、とある日本人のニビルの王の神々に対する要請が元でした……
    その日本人は、伽耶系天皇家の神武天皇=崇神天皇の末裔で、神武天皇はニニギノミコトやニギハヤヒの末裔で、
    また、金首露王の末裔で、
    金首露王は、アフリカのジンバブエの「神の国」プント(オッフル)王国からやって来た王家=神の一族で、
    オッフル(プント)とは「羽毛ある蛇=翼ある蛇」=ケツァルコアトルという意味で、
    ケツァルコアトルとはニビル王家のニンギシュジッダという、父神エンキと共に地球人類を、
    当時のニビル王アヌとニビルの神々の意向で遺伝子操作して創造した神でありました。

    この末裔が、天孫族であり、ニンギシュジッダの「ニンギ」ば清い目という意味で、「ニンギ」シュジッダ→
    「ニギ」ハヤヒ→「ニニギ」ノミコトと受け継がれている。
    伽耶系天皇の神武天皇=崇神天皇は、古代ユダヤ・古代イスラエルのダビデ王家の血を引く人間王の百済系天皇を養子に迎えて、
    天皇の座を讓り、その後は大国主命の次男タケミナカタ命の血流の一族が天皇をやっています。
    大国主命が新羅で殖やしたたくさんの子孫が八咫烏をやって、この天皇の国体を護っているのです。

    ニビルの王家の崇神天皇の血流の正統家督相続者は、実は藤原不比等が先祖を殺された恨みでごじゃっペにしてしまい、
    難波吉志の血流で、
    大彦命の拾われ子だとか渡来人だとか言われていましたが、難波吉志は邪馬台国からの日本の正統王家でありました。

    ニビル王家のアヌによって当該の難波吉志人物の頭上に、アヌを示す六枚翼の籠の中の鳥と、ニンギシュジッダを示す北斗七星の第七の星が示されました。

    この日本人は、できるだけ多くの人々が神々の救いに預かる事ができるように活動しようとしましたが、
    もっか、悪魔崇拝モルモン教CIAらの日本支配下部組織である、とある日蓮系仏教系カルト団体らによる旧東ドイツ秘密警察シュタージ由来のMKウルトラ攻撃の被害者であり、その妨害凄まじく、
    また、CERN施設の創り出す強大な電磁力により、イルミナティらが時空の扉すら開閉しており、(Youtubeで「us marine ufo」で、検索してみましょうアフガニスタン等でスターゲートが開閉されており、お蔭で異界からのエイリアンが出入りし、地球も宇宙もしっちゃかめっちゃかになり
    始めています。)
    イルミナティらは彼らの教義に基づいてルシファーの与えた知性の力で全て何とかできると考えていますが、
    当該のニビル王家の末裔の吉志日本人は、危険だと判断しました。
    いったん、人類は壊滅し、その後の新たなる世界ではこの人物を王として、世の建て直しが行われます。
    神を信じ、心正しい人ほど、このニビル到来による人類滅亡を超えて神々の救いに預かる道に近いでしょう。

仲間からのコメントお待ちしています!

*
*
* (公開されません)

Return Top