世界の終わり

世界の終わり

Read Article

ジャッカロープは存在する?死骸検査をしてみた結果・・

UMAは本当にいるのか?

今回は北米で目撃報告があり、さらに根強い人気のあるジャッカーロープについて真相を追求したいと思います。

 

ジャッカロープとはウサギに鹿のような角の生えたUMAです。

 

15600687758_51661b8288
photo credit: 2014/365/317 Trophy Jackalope via photopin (license)

 

ずいぶんかわいいですよね。

人気があるのも頷けます。

 

Sponsored Links

生息している地域は主に

  • アメリカのテキサス州
  • ワイオミング州
  • サウスダコタ州

だと言われています。

カウボーイ映画などで舞台となる荒涼とした地域です。
こんな風景がず〜っと広がっています。
8756033716_9b15639768
photo credit: Downtown L.A. via photopin (license)
これならジャッカロープのようなウサギ?がいても不自然ではありません。
しかし、本当にジャッカロープはいるのでしょうか?
ジャッカーロープ動画です。ジャッカロープ要Checkですよ。

ジャッカロープの第一発見報告

1934年7月にワイオミング州ダグラスでキャンプをしていたカウボーイが発見。
しかも群れをなしていたと言います。

 

ジャッカロープは群れで生活してるんですね。

ちなみにこの時捕まえようとしましたが、カウボーイでも捕まえる事は出来なかったそうです。

 

ジャッカロープはウィスキーが大好きで、
カウボーイがキャンプファイヤーをしていると時々表れてウイスキーを飲んで行く?
らしいです。

 

これはデマかもしれませんが・・。

 

 

一説によると最初に発見されたのは1829年のことだとも言われています。
そこに住んでいたダグラス・ヘリックという男がジャッカロープの話を広めたとも言われています。

 

ただその後、ジャッカロープの物と思われる死骸が発見されています。

 

Sponsored Links

 

ジャッカロープの死骸を発見!!

これは以外と最近のニュースで、2005年の事です。

角の生えたウサギの死骸が発見され、デニス・ベッシュトールドという医師によって調査されています。

 

結果から言うと、実際に角のような物が生えている事が確認されました・・・が、原因は

強い感染力を持つウイルスに感染した事だったようです。

このウイルスによって角のような物が頭から生えたとの事。

 

そんな事あるの?と思いますが、あなたはどうお考えになりますか?
6338848700_6e30785f27
photo credit: via photopin (license)

ちなみにこのジャッカロープ、結構有名なUMAなのか
今ではゲーム(モンスターストライク)などにも登場していますね。

 

ウサギのつぶらな瞳がなんともいえないキャラクターです。

ちなみにこのジャッカロープ、名前の由来はご存知ですか?

複合語、なんですよ。

ジャッカロープの名前の由来は

アメリカの野生ウサギ(ジャックラビット)+カモシカ(アンテロープ)
=ジャッカロープ

です。

 

白人がヨーロッパからアメリカ大陸に入植した際に持ち込んだとも言われており、
真意のほどは定かではありません。

 

ただ、もしそれが本当なら、ヨーロッパにもジャッカロープがいる事になりますが、
その報告はありません。

 

ウサギの剥製に角をつけただけ、つまり偽物である可能性が濃厚なUMAでした。

【兎にも角にもUMAが大好き!記事】

UMA一覧!(全世界未確認生物!完全バージョン)

UMA(未確認水棲生物)5種類の画像と動画を公開!

チュパカブラの正体が判明?!3つの有力説とは?

Sponsored Links
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

管理人Shinのプロフィール

やりたいことが見つからず自分から逃げ続けた僕。

    でも、ある方法を知ることによって人生の流れが一気に右肩上がりになりました。 たった一つの事を実践しただけで、です。

    例えば恋愛で悩むことが無くなりました。

    仕事の成果もグングン上がりました。

    日常のストレスも激減!

    ちょっとしたことで人生は見違えるように良くなります。

    詳しくは僕のプロフィールをご覧ください。

    shinのプロフィール

Return Top